※ 短期間で痩せる27の方法│複数のダイエット法を組み合わせよう!

短期間で痩せるためのダイエット法(食事置換え、骨盤矯正、脂肪燃焼スープ、効果的な運動、プチ断食、酵素ファスティング、体を温める、低インシュリンダイエットなど)について紹介しています。これらの方法を複数組み合わせて実行するのが効果的です。

短期間のうちに痩せることは叶うのか|目標設定&複数の方法を組み合わせる!

長期間に渡り地道に努力を継続していけば、スリムな体型を手に入れることは十分に可能です。

しかしながら、極力早い段階で短期間のうちに痩せることを叶えたいというとき、本当に実現できるのかどうかが心配になります。

人によっていつまでに痩せることができれば...と、ある程度期間を設定していることでしょう。

結婚式に向けて、海に遊びに行く日に向けてなど、人それぞれ痩せる目的というのがあるはずです。

それが1週間後や2週間後ということでしたら、相当に急いで痩せる必要があります。

はじめからスリムな人がさらに絞りたいということですと、短期間のうちに痩せるというのはけっこう厳しくなりますが、それなりに余計な脂肪があるという人の場合には、そんなに苦労することなく短期間で痩せることができます。

具体的なダイエット方法としては、ひとつのことをやっていくというより、いろいろなことを並行してやっていくほうが効果があらわれやすいでしょう。

たとえば食事制限だけに取り組むのではなく、適度な運動やマッサージを施すと効果がアップするというわけです。

また、目標設定も非常に大事です。いつまでに何キロ絞りたいのかというのを明確にしておけば、その目標に向かってダイエットしやすくなります。

ただし、目標が現実的でない場合は過剰なダイエットをしてしまう恐れがありますので、無理のない範囲に設定しておかなくてはいけません。

ある程度急いで短期間で痩せるという場合、けっこうな努力が要求されることになります。

少し無理をするという場合でも、1ヶ月で3キロを超えるようなことがないようにしましょう。

体重グラフを作成して短期間で痩せる|1日2回体重測定し目標体重を書き込む!

短期間で痩せると決意をした日から、毎日しっかりと体重管理をしていかなくてはなりません。

毎日体重計を利用して体重測定するのはもちろんのこと、記録を付けていくと管理がしやすくなるはずです。

そして、体重の記録に最もいいのはグラフを作成することなのです。

これはいわゆる測るだけダイエットになるのですが、体重の記録をグラフにしていくことで、モチベーションの維持がしやすくなるのです。

ちなみに、体重測定を行うのは毎日2回の頻度になります。

それから、測定するタイミングですが、1回目は起床後すぐではなく、トイレに行って用を済ませてからがいいといわれています。

2回目に関しては、晩ご飯を済ませたあとか、就寝前のいずれかを決め、このどちらかを毎日同じタイミングで測るといいでしょう。

大抵、夜に測定した体重の数値は、朝の数値より大きいといわれています。したがって、前日比を確認したいなら、朝の体重の数値をチェックするといいでしょう。

朝と夜の体重を比較すると、どのぐらい食事をとったのかなどがわかります。

また、短期間のうちに痩せるということでしたら、作成したグラフの中に目標体重を書き込むと良いでしょう。

例として、1ヶ月という短期間で3キロ痩せるということでしたら、10日後に1キロ減、そこからまた10日後に1キロ減と記しておくといいのです。

あとはそこに向かってダイエットに取り組んでいけばいいので、計画をしっかりと立てて体重を絞っていくと良いでしょう。

短期間で痩せるとリバウンドを招かないか|目標達成後の食事の戻し方が肝!

短期間で痩せることは十分に可能なのですが、痩せることができたぶんを維持していくというのはけっこう大変だったりします。

簡単に短期間で痩せるということなら、極端な話何も食べなければいいのです。

しかしながら、こんな無理なダイエット方法をした場合には、まず間違いなくリバウンドを招いてしまいます。

せっかく痩せることができたぶんが無駄になってしまうだけでなく、ダイエットに取り組む前よりも体重が増加してしまうことも考えられます。

繰り返し短期間で極端な食事制限を行い、毎回同じ失敗を続けていくと、リバウンドを繰り返すことに繋がってしまい、いっこうに痩せることができないということもあり得るのです。

こうした失敗をしたくないということであれば、極端なダイエットをしないことはもちろんのこと、ダイエットをやめないことが重要になります。

仮に無理のない範囲での食事制限をすることで短期間で痩せることができたとしましょう。

実現したい体重まで絞ることができたとしても、ダイエット前の食事にいきなり戻すのは正しくないのです。

痩せることができた体というのは、少量のカロリーでも生命維持ができる状態に変わっています。

そこにいきなりダイエット前の摂取カロリーに戻してしまうと、たくさん食べているわけでもないのに必要量の摂取カロリーを超過してしまうのです。

以上のことから、リバウンドを招くことなく短期間で痩せることを叶えたいという場合、ダイエットの目標達成後は少しずつ食事を元通りにしていかなくてはいけないのです。

短期間で痩せる際に気を付けること|食事制限だけでなく運動も組み合わせる!

短期間で痩せることを叶えたいと思い、ダイエットを始めるなら、気を付けなくてはいけないことがあるのです。

一番気を付けてほしいのは、体調を崩さないようにするということです。仮に短期間で痩せるということですと、やはり食事制限を行うことは避けられません。

しかしながら、少ない量の食事に変更するということは、摂取できるエネルギーも乏しくなるということを意味しているのです。

そのため、短期間で痩せる場合には体調不良に陥る人も少なくありません。もしも変調があった場合には、ひとまずダイエットは失敗ということになります。

これ以上無理をするのは好ましくありませんから、即座にダイエットをやめる必要があります。場合によっては、病院に行ったほうがいいケースもあるでしょう。

また、短期間で痩せるには、食事制限だけでは間に合わない可能性もありますので、運動も組み合わせなくてはならないでしょう。

筋肉を鍛錬しなければ、ダイエット前の食事に戻した際にまず間違いなくリバウンドを招いてしまうからです。

それから、今はファスティングダイエットが流行していますが、間違った方法で断食に取り組むと摂食障害に陥る危険性があります。

そのため、無理のない範囲で正しく実践する必要があるのですが、ファスティングなどを組み合わせてダイエットをするにしても、1ヶ月3キロ減以上にはならないようにすることが大切です。

きつい思いをしながらダイエットをすると、ストレスも蓄積されていきます。

食事を制限すると体力も落ちますが、メンタル的にもきつくなってきますので、心身共にしっかりと管理していくことが大切なのです。

自分に適したやり方で短期間で痩せる|痩身エステを利用するのもおすすめ!

短期間で痩せるという目標を達成するためには、自分に適したやり方をしなくてはいけません。

仮に他の人がお茶ダイエットを実践して数キロ絞ることができたと話していても、自分も全く一緒の効果が得られるかというと、そうとは限らないわけです。

どうして一緒の効果が得られないのかというと、私人間というのは一人一人体質が異なるからです。そのため、一人一人にとってベストなダイエット方法は変わってくるのです。

いきなり理想的なダイエット方法を見つけるというのは困難なので、やはりある程度の試行錯誤は求められるでしょう。

ただ、すぐに痩せたいと希望している人は、ダイエット方法をひとつひとつ実践しているような余裕はありません。

この問題に関し、いかにも効果がありそうなダイエット方法に手を出すくらいなら、正攻法のダイエットに取り組んだほうが確実といえるでしょう。

この際、楽をして痩せるという考えは捨ててしまうのです。摂取カロリーを減らして食事制限を行うだけでなく、有酸素運動やマッサージを並行してやることにより、しっかりと成果を出すことが可能です。

また、短期間で痩せるという場合には痩身エステを利用するというのもひとつの手段といえるでしょう。

最近は体験メニューが充実しているのですが、中には1回の施術でかなりのサイズダウンができたというものもありますので、このようなところに行ってみることで、短期間で痩せるための大きな助けになるかもしれません。

※ 短期間で痩せる27の方法│複数のダイエット法を組み合わせよう!カテゴリー項目一覧

短期間で痩せる方法